「ア・ラ・カート」事業中止へ

トロント市議会は4 月13 日、09 年にパイロット・プロジェクトとして導入したエスニック料理の屋台「ア・ラ・カート」事業を中止するよう提言していることを明らかにした。
同プログラムは、出店者に対し同市が3 年契約で屋台(カート)と出店場所を提供。毎年売り上げや顧客数などが市議会に報告され、プログラム運営の調整を図ることになっていた。しかし導入当初から、高額な出店料、屋台の不備、販売する料理に対する厳しい規制などのため、出店者からの苦情が相次いでいた。
こうした背景から市議会は、既存の屋台に対しては引き続き出店を許可するが、「ア・ラ・カート」の看板は下ろすことで市主導のプログラムを事実上打ち切ると見られている。
出店者らは、経済的な損害を被ったとして同市を訴える意向を示しているという。

[ 2011/05/06 ]

 
▲PAGE TOP