チベット新首相を選出

チベット亡命政府は4月27日、米ハーバード大学在籍中の国際政治学者で弁護士のロブサン・センゲ氏(43)を新首相として選任。宗教・政治の両面で指導者の立場を保っていたダライ・ラマ師からサンガイ新首相に亡命政府の政治的権限を移管することを発表した。
インドのダラムサラに本拠地を置く同政府の選挙管理委員会によると、首相選挙には世界中に散在するチベット人数万人が投票し、センゲ氏が55%の得票率で当選したという。
ダライ・ラマ師が指導者として絶大な権限を保持してきたチベット亡命政府だが、ラマ師は75歳の高齢となっており、同師亡き後、中国政権が権力を奪取するのではないかと危惧されてきた。このためラマ師の後継者となる若き指導者を強く求めており、今回の権限移管に至った。

[ 2011/05/06 ]

 
▲PAGE TOP