UFC、オンタリオで初開催

トロント市のロジャースセンターにおいて4月30日、オンタリオ州で初となる総合格闘技The Ultimate Fighting Championship (UFC)が開催された。
同州政府は、米国やケベック州で好評を博している総合格闘技について、「スポーツとして認められない」などの見解から州内での興行を長く禁止していた。しかし、ファンからの要望や総合格闘技最大の興行団体であるUFCなどの働きかけ、そして経済効果の魅力から昨年、州内開催を解禁。今回行なわれた「UFC129」は、解禁後初の大型興行となった。
今年1月に発売されたチケットは短期間で売り切れ、プレミアチケットとしてネット上などにおいて高額で取引されていた。
当日は、UFC史上最高の約5万6000人が会場に集結。メイン戦にはカナダ人のジョルジュ・サンピエール選手が出場、ジェイク・シールズ選手を破りチャンピオンの座を守った。

[ 2011/05/06 ]

 
▲PAGE TOP