タイ国王侮辱罪で米国人逮捕

タイ王国の国家警察機関である特別捜査局は5月27日、国王に対する侮辱罪で米国籍保持者を逮捕したと発表した。
逮捕されたのはジョー・ゴードン容疑者(54)。米コロラド州に約30年在住し、高血圧の治療などのため母国タイに帰国していた。
同容疑者はタイで発禁処分となっている国王ラーマ9世に関する書籍をネット上で紹介、また、公的に認められていないタイ国王伝記を英語からタイ語に翻訳し王室を侮辱する記事を書いたなどの罪に問われているという。しかし一連の容疑は全て容疑者が米国在住時の行為であり、米国内では合法とされている。
今後、タイの法律がどこまで適用されるかが議論の焦点と見られている。

[ 2011/06/03 ]

 
▲PAGE TOP