警官発砲、流れ弾で通行人死亡

モントリオール市で7 日、市民からの通報を受け出動した警察官がホームレス男性に発砲、同男性と流れ弾に当たった通行人の男性が死亡する事件が起こった。
発表によると7日午前、ホームレスのマリオ・ハメルさん(40)がゴミ箱を荒らすなどして暴れているとの通報を受け、警察官が出動。説得を試みたところ、ハメルさんが所持していたナイフを 振り回して抵抗する動きを見せたため、発砲したという。
この際、近くを通りかかった聖ルーク病院に勤務する技師、パトリック・リモージュさん(36)が流れ弾を頚部に受け、死亡した。
この事件をきっかけに、警察官発砲の正当性を疑問視する声が市民の間で高まっており、8日夜には200人以上による大規模な抗議活動が行なわれた。

[ 2011/06/17 ]

 
▲PAGE TOP