保守党サイト、ハッカー被害に

連邦保守党の公式サイトと同オンライン・データベースがハッキング被害に合い、寄付者らのクレジットカード番号などを含めた個人情報が流出したことが明らかになった。
7 日朝、保守党のサイトに「ハーパー首相は朝食を喉に詰まらせて病院に搬送された」と偽の情報が掲載された。この発表は直ぐに訂正されたが、翌8 日、「ツイッター」上でLulzRaft と名乗る組織が同党のデータベースから盗み出した個人情報の一部を「サンプル」として公表。
「(保守党の)情報保護は不完全である」などと批判するコメントを発表した。同組織はさらにハスキー・エネルギー社の公式サイトへのハッキングにも成功し、ハスキー社が「ハッキングの被害に合った保守党員らに対し、無料でガソリンを提供する」などの偽情報を掲載、さらなる混乱を引き起こした。

[ 2011/06/17 ]

 
▲PAGE TOP