カナダ・ポスト、配達全面中止

今月2日から行なわれていたカナダ郵便局員労働組合(CUPW)加盟職員のストライキを受け、カナダ・ポストは15 日よりロックアウト(閉め出し)を実施。都市部を中心にカナダ全土で郵便の配達が全面中止となった。
CUPW は都市部配達担当の従業員らが加盟する労働組合。
ロックアウトの理由としてカナダ・ポストは、12 日以上にわたる「巡回ストライキ」で既に100 億ドル以上の損害が出ていること、このままストライキが続くと事業の遂行に税金の投入が必至となることなどを挙げている。加えて、これまで数週間にわたる労使交渉で話された基本的な条項のいくつかにおいて両者の要求がかけ離れており、歩み寄りが見られないため今回の手段に踏み切ったと発表している。

[ 2011/06/17 ]

 
▲PAGE TOP