ケベック州で麻疹流行

ケベック州では今年に入ってから麻疹(はしか)が大流行しており、これまでに330 人の感染が確認されたことが10 日までに明らかになった。
また、米国でも同様に麻疹の流行が起きており、例年の倍以上の感染者数が確認されている。
麻疹は、感染すると咳と発熱、発疹が起こり、通常は回復するまでに10 日程かかる。まれに脳・神経などに障害を引き起こす場合もある。
麻疹は予防接種の普及により南北アメリカ大陸では90 年代半ばに根絶宣言が出されたが、外国からウイルスが持ち込まれるケースがあり、カナダでは例年10 件余りの感染が報告されている。今回、フランスから帰国した旅行者によりウイルスが持ち込まれたと見られている。
公衆衛生局では、麻疹の流行は同州に留まらず全国に広がる恐れがあると警告。風疹ワクチンを含む新3 種混合ワクチンの接種を呼びかけている。

[ 2011/06/17 ]

 
▲PAGE TOP