シャロンさん、
招聘プログラムに参加し日本へ

「平成22年度在加日系人招聘プログラム」のレセプションが1月26日、トロント総領事公邸にて行なわれた。このプログラムは在加日系人を対象に、日本固有の文化に触れること、また各界のリーダーとの意見交換することを通じて日系人としてのアイデンティティを再認識する機会を設け、日加関係の基盤である人的チャンネルの強化、およびカナダ国内における親日家を増やすことを目的としたもの。毎年カナダ全土より5名が招聘されているが、今年度、トロント地区からはシャロン・マルバシさんが参加することとなった。
シャロンさんはトロント生まれの日系3世。10代の頃より日系文化会館でボランティア活動に従事。理事としてバザー、春祭り、一世ディナー、ファミリーゴルフなど恒例行事の運営委員長等を歴任。シャロンさんは「このような機会を与えていただき大変光栄に思います。初めて日本を訪れるのでとても楽しみにしています」と語った。
一行はバンクーバーに一旦集合して2月5日にカナダを離れ、9日間の日程で東京、滋賀、広島、京都などを訪問。高円宮妃殿下との謁見も予定されている。

▲左から山下総領事夫妻、シャロン&ポール・マルバシ夫妻、昨年度参加したロレーン・ナガタさん

[ 2011/02/04 ]

 
▲PAGE TOP