家庭での日本語教育を考える

トロント新移住者協会日本語教育プロジェクトが主催する第2回目の講演会が1月23日、日系文化会館にて行なわれた。今回は講師に元トロント国語教室校長の鈴木美知子氏を迎え、「家庭における子どもの継承日本語教育について」と題して「母語である『継承語』としての日本語に対する正しい理解と効果的な子どものサポートについて、また家庭における教育の重要性と保護者に求められる高い意識」について紹介した。「継承日本語を正しく理解して言葉を育てることは、同時に子どもに対する人間教育、人格形成でもあることから、保護者の方にはその意識を持って子供に接して欲しい」と鈴木氏は語っている。

▲日本語教育について講演する元トロント国語教室校長の鈴木美知子氏

[ 2011/02/04 ]

 
▲PAGE TOP