オンリー副総督、被災者へ弔意

3 月16 日、オンタ リオ州のデービッド・オンリー副総督夫妻は山下トロント総領事と対談。日本で地震・津波災害が発生し多大な被害が出たことに対し、哀悼の意を表明した。山下総領事は「犠牲者の数はさらに増え続けると予想されており、最悪の事態を想定して対処する必要がある」と述べる一方で、「必死のレスキュー活動により今までに数千人が救助されており、最後まで希望を持ち続けたい」と語り、同時に、各国から寄せられる温かな支援に対し感謝の意を示した。オンリー副総督は、「このような惨事に屈しない国民の姿は賞賛に値する」と日本国内の救援活動を評価、早期復興を祈っていると述べた。

▲オンタリオ州のデービッド・オンリー副総督
(中央)と対談する山下トロント総領事(右)

[ 2011/04/01 ]

 
▲PAGE TOP