BuskerFest

世界の大道芸人が集まるフェスティバル

(2009年08月21日特集記事)

トロントの街を歩いているとストリートパフォーマーに出会う機会があるだろう。ド派手なコスチュームに身を包む大道芸人、個性的なスタイルの音楽で足を止めさせる音楽パフォーマー。普段は街角で道ゆく人々に芸を披露している彼ら、ストリートパフォーマーが一堂に集まる「BuskerFest」が今年も真夏のトロントで開催されようとしている。

"Busker"とは大道芸人を意味し、その名の通り、このイベントは大規模な大道芸人たちのお祭りである。毎年、カナダ国内はもちろんのこと、日本やアメリカ合衆国、ニュージーランド、ポルトガル、オーストラリアと、総勢100組以上もの大道芸人が世界中から集まる。イベント開催10周年目の今年は、例年にましてバラエティに富んだラインナップがお目見え。なかなかお目にかかれない貴重なものや、トロントや日本を代表するおなじみの大道芸人、彼らの類い稀なる才能とオリジナリティ溢れるショーを是非この機会にまとめて見物していただきたい。

まずはトロントの「シルバー・エルビス(Silver Elvis)」。イートンセンター界隈で見かけたことがある人も多いかもしれない。光り輝くシルバーのコスチュームに身を包み、エルビス・プレスリーの格好をしたリビング・スタチュー(動く石像)と呼ばれるパフォーマーだ。一見銅像と見間違えそうな出で立ちの彼が魅せるムーンウォークや、ロボットのような滑稽な動きに目は釘付けになるはず! 同じくトロント代表として「サーカス・オレンジ(Circus Orange)」が登場。トライシクルショー(車輪を使ったヨーロッパの伝統的な大芸道)に加えて、ライブ音楽、道化、サーカス、ダンス、空中パフォーマンス、火芸と、スリル満点の総合エンターテインメント集団が繰り出す圧巻の超人芸に息をのむこと間違いなし。お次は、ニュージーランドからやってくる「ルアーク(Lurk)」。モダンクラウンと呼ばれる彼の芸はひと味違う。クラウンとは日本でいうところのピエロ。3メートルの長身ピエロが繰り広げる独創的なショーの数々は、夢にまで出てきそうな強烈なインパクトを与えてくれるだろう。そして、世界最大のエンターテインメント都市、ニューヨークからはマジシャン「マジック・ブライアン(Magic Brian)」が登場。彼のエキセントリックでユーモラスなマジックショーは世界中の観客を魅了し続けている。15メートルの鎖を身に纏っての脱走劇、鼻の上に釘をさしたり電球を飲み込んだり…。思わず目を覆ってしまう様な信じられない数々の出来事に、夏の暑さも吹き飛ぶだろう。

ここで紹介したパフォーマーは、たったのひと握り。フェスティバルに集まる大道芸の中には、見たこともないジャンルのショーが沢山あるはずだ。緑あふれるセント・ローレンス・マーケットエリアで繰り広げられる4日間に渡る刺激の渦、きっとあなたのお気に入りの"Busker"を見つけることができるだろう。

日本人パフォーマーも登場

今回、3組の日本人パフォーマーがイベントに参加する。

まずは「センマル&ユキ(仙丸・朱仙)」が魅せる日本の伝統芸“江戸太神楽"。起源は平安時代にまで遡り、もともとは悪魔払いとして行なわれていた神事であるが、江戸時代に入り大衆芸能が盛んになるとともに芸事として発展。お正月のテレビ番組などで見かける傘を回しながら行なう曲芸などに代表されるこの芸は、知ってはいるがなかなかお目にかかれない貴重なもの。

続いて紹介する寺沢政次は、「キャンディーマン」という異名を持つ飴細工アーティスト。米ディズニーランドでパフォーマーとして活動を行ない、その後も世界中を旅しているという。メディアでも多数取り上げられている彼の凄腕は、水あめを使って複雑な形をした龍などの彫刻物をあっという間に創り出してしまう。神業ともいえる飴細工ショーを間近で見られるチャンスだ。

最後は、世界中を音楽とともに旅するアーティスト「シバテン(shibaten)」。実に10年に渡り、多くの国々を旅してきた彼が様々な民族楽器を使用して奏でる音楽はスピリチャルな魅力に溢れ、聴く者の奥底で共鳴する。きっと言葉では表せない感動を体験できるだろう。

Event Information

BuskerFest

【日 時】8月27日(木)〜30日(日)
【場 所】St. Lawrence Marcket周辺(50 Front St. E.)
【入場料】無料
【連絡先】info@torontobuskerfest.com
【サイト】www.torontobuskerfest.com

日程

8月27日(木)12:00〜22:00
8月28日(金)12:00〜23:00
8月29日(土)11:00〜23:00
8月30日(日)11:00 〜20:00
※各パフォーマーのスケジュールはイベントの意向により未発表

THE FIRE SHOW

【日 時】8月28日(金)21:30〜
※雨天の場合は8月29日(土)に変更
【場 所】Scotiabank Stage(Front St.×Church St.)
【入場料】無料

THE GRAND FINALE

【日 時】8月30日(日)18:30〜
【場 所】Epilepsy Toronto Stage(Berczy Park, 40 Front St. W.)
【入場料】無料

▲PAGE TOP