The Vancouver 2010 Winter Olympics

Torch Relay

With Glowing Hearts 〜燃える心で〜

(2009年12月04日特集記事)

All Photos (C) VANOC/COVAN

カナダ国民、そして世界中が待ちわびているバンクーバー冬季オリンピック。開幕を2010年2月12日に控え、現在、オリンピック発祥の地ギリシャから採火された聖火がカナダを横断中である。開催国内のみのトーチリレーとしては、オリンピック史上最長の4万5000キロメートルにもおよぶルートを辿る。そして、その聖火が今月17日から19日、ついにトロントにやって来る!

長く、熱いトーチリレー

10月30日にブリティッシュコロンビア州ビクトリアを出発したトーチリレーは、106日という期間をかけて開催地バンクーバーに到着する。各州・準州の州都はもちろんのこと、これまでオリンピックの開催地となったモントリオール(1976年夏季)、カルガリー(1988年冬季)、さらには世界で最北の居住地域であるヌナブト準州アラートなど、国内1000以上の地域を通過。このルートは、カナダ人口の約90%が聖火を見る機会を得ることができるように考案されたもの。1万2000人にも上るランナーが聖火を引き継ぎながら走り、カナダ国内をその美しく温かい炎で繋いでいくのである。


声援を送りに行こう!

トロントはその長きに渡るリレー期間のおよそ折り返し点といえる。トロント周辺を聖火が通過するのは3日間。17日の晩には市庁舎前広場で盛大なセレモニーが行なわれ、国内外で活躍する地元アーティストによるパフォーマンスが披露されるほか、現役・元オリンピック選手が登場。壮大な花火の演出も必見である。そして、イベントの最後には、トロントの最終聖火ランナーであるヴィッキー・スノハラさんが聖火台に点火する。ヴィッキーさんは、過去3度の冬季オリンピックでカナダをメダル獲得国へと導いている元アイスホッケー女子カナダ代表選手。トロントでのトーチリレーのハイライトはまさにこの時。この記念すべき瞬間を見逃すわけにはいかない。

オリンピック開幕まで約2か月。その時が来るのを告げながら、聖火は数多くの地域で数多くの人の手を経て運ばれていく。その長い旅路と聖火を眺めた人々、そしてこれから始まる熱いオリンピックゲームに思いを馳せながら、ぜひその炎を実際に見守ってほしい。聖火ランナー、そしてその後の活躍を期待したいオリンピック選手たちに届けとばかりに、大きな声援を燃える心(Glowing Hearts)で送ろう!

Event Information

The Vancouver 2010 Winter Olympics

The Special Community Celebration
トロント聖火リレーセレモニー

日 時:2009年12月17日(木)18:00〜20:00
【場 所】Nathan Phillips Square (100 Queen St. W.)
【入場料】無料
【連絡先】416-338-5637
【サイト】http://toronto.ca/mie/olympictorchrelay

The Vancouver 2010 Olympic

【日 時】2010年2月12日(金)〜28日(日)
【場 所】BC Place(777 Pacific Blvd.)など
【入場料】種目により異なる
【連絡先】1-800-842-5387(チケット)
【サイト】www.vancouver2010.com

Olympic Torch Relay Map

主な都市の日程(トロント周辺)

12月10日(木):モントリオール
12月11日(金):オタワ
12月14日(月)、15日(火):キングストン
12月16日(水)、17日(木):オシャワ
12月17日(木)、18日(金)、19日(土):トロント
12月19日(土)、20日(日):ハミルトン
12月20日(日)、21日(月):ナイアガラフォールズ
12月23日(水)、24日(木):ウィンザー
12月24日(木)、27日(日):ロンドン



▲PAGE TOP