ひとのかたち

一枚めくれば、みな同じ「人体」

Body Worlds & The Story of the Heart

(2010年01月08日特集記事)

圧倒される標本展

現在、オンタリオ・サイエンス・センターでは「Body Worlds & The Story of the Heart」が開催中だ。すでに世界50都市以上で開催され、累計来場者は2800万人を超えるこの「Body Worlds」シリーズ。今回も200点以上の生物標本から成り、全身の筋肉や血管、各臓器、人体のスライスなど、あらゆる人体のパーツを様々な形態で見ることができる。

また「The Story of the Heart」と冠された今回は、心臓の特別展示を同時公開。心疾患をわずらった標本を通して私たちの生命活動を支える大切な臓器、「心臓」がじっくり観察できる。

途方もないその技術なんといっても特筆すべきは、展示されている標本がすべて本物のヒトだということだろう。本物の人体を使うことで、模型では決して作れない構造や病気、それに一人ひとりの身体上の個性を見せることができるのだという。これらの、生前からの意思によって提供された献体は「プラスティネーション」と名づけられた遺体保存技術を施され、私たちを会場で待っている。

通常、生物のからだは死亡してからある一定気温以上の環境で放置すると腐敗する。それを防止するのにこれまで広く用いられてきたのは、ホルマリンという水溶液に漬ける方法だ。だがホルマリン保存された標本は扱いにくく、特有の刺激臭を持つため、専門家にすら不便なもの。これを乗り越えんとドイツのグンター・フォン・ハーゲンス博士によって開発されたのが「プラスティネーション」である。からだの中の水分と脂肪分を合成樹脂に置き換えることで、弾力に富み、直に触れて観察できる形で死体を保存することを可能にした技術だ。そしてこの展示シリーズは医療従事者など特定の人しか知り得なかった「人体解剖」を一般に開放する任務を果たしている。

精密なる人体私たちが身体を動かす時、筋肉は、血管は、臓器は、骨は、どんな風にねじれ、伸縮しているのだろう。 「Body Worlds」では、身体構造の特徴をわかりやすく伝える方法の1つとして、標本に様々なポーズをとらせている。ハードルを飛び越えるような、あるいはキリリと弓を引くようなポージングをされた標本たち。血管だけ、筋肉だけで構成されたこれらを見ていると、人間はこれほどまでに緻密で繊細にできているのだという事実が、衝撃と感動を伴って襲ってくる。すべてがつながり、正しく稼動してはじめて人間が生きることができる、その事実を目の当りにして、ただ驚嘆するしかない。

「Body Worlds」は常に議論を呼んでいる催しだ。本物の人体をこうした形で展示することは、死者への冒とくになるのではとの声もある。そうした中、展示を続ける博士は言う。「年を取れば取るほど、『死』の方が普通で『生』こそが特別なのだという想いが強くなります。この展示が人々に、毎日を大切に生きるきっかけを与えられることを願っています」私たちは薄皮一枚めくれば皆、標本と同じように骨と筋肉でできている。だがその骨の1本ですら他人と同じものはなく、人間一人ひとりが特別で唯一のものだという忘れがちな事実がここに毅然とある。様々な角度から私たち人間の真実を見つめるこの展示、見終わった時には不思議と少し優しい気持ちになる。この機会にぜひ身体の神秘の世界を体験してみよう。

すべての筋肉、骨、細胞が正しく動いて、はじめて人間は機能することができる。

Event Information

Tutankhamun: The Golden King and
the Great Pharaohs

【日 時】開催中〜2月28日(日)
【場 所】Ontario Science Centre (770 Don Mills Rd.)
【入場料】毎日 大人 $28.50、シニア・ユース $24.50、子ども $18.50、3歳以下無料
     金・土 大人 $21、シニア・ユース $18、子ども $13、 3歳以下無料
     ※いずれも会員割引あり
【連絡先】416-696-1000, 1-888-696-1110
【サイト】www.ontariosciencecentre.c
     www.bodyworlds.com

その他のイベント

Sodium Challenge

ナトリウムが人の体内でどのような働きをするか見てみよう!
Challenge Zoneで毎日開催。

Heart to Heart with Science

ゲスト科学者を囲んで、今まさに行なわれている研究の内容など、話を聞く会。
毎週木、金、土曜 12時〜16時

Cafe Scientifique

カフェでグループディスカッション。科学とテクノロジーについて気楽に話そう。
1月23日(土)Rivoli(334 Queen St. W.)

Jump for Your Heart

「活発に過ごすことは、心臓にいい」。縄跳びエキスパートによるデモンストレーションと縄跳び体験。2月13日(土)〜15日(月)

▲PAGE TOP