大人も楽しめる「子どものための国際映画祭」

Sprockets

Toronto International
Film Festival for Children

(2010年04月16日特集記事)

1998年から、トロント国際映画祭のひとつの部門としてはじまった『スプロケッツ』。世界各国の子ども向け、ティーン向けのハイクオリティな映画作品を1週間にわたって上映する「子どものための国際映画祭」で、昨年は1万3000人以上にのぼる観客を動員した大イベントだ。今年は4月17日から23日にかけての開催。カナダはもちろん、アメリカ、イギリス、スペイン、ドイツ、イラン、フランス、エストニア、ノルウェー、デンマークなどなど、22か国から集まった69作品が上映される。

子ども向けの上映プログラムとはいえ、作品が扱うのは誰もが1度は悩んだような共感できるテーマや、避けて通ってはいけない題材ばかり。大人だからと目をそらして、なあなあでやり過ごす自分に喝を! 子どもの意外な大人っぽさや、子どもだからこその真剣さがきっと心を打つだろう。
世界各国の映画を思う存分堪能できるだけでなく、「売れる」ことが至上命題の商業主義的作品とは違う、作品性の高い映画を楽しめるのもこの映画祭の醍醐味。そしてほとんどの作品が、今後カナダでの公開は未定だ。世界中の優れた作品が見られるチャンスを逃すべからず。

ブタがいた教室日本からの作品は前田哲監督の『ブタがいた教室』。本誌インタビューにもあるように、実話をもとにした本作は「命」や「相手の意見を尊重する心の強さ」がテーマ。「クラスでブタを飼って、大きくなったらみんなで食べよう」という、新任の星先生が始めた実践教育が引き起こす騒動を描いた作品だ。ブタはPちゃんと名づけられて生徒たちに愛される存在となるが、卒業の2文字が迫りはじめるとその処遇をめぐって生徒たちの議論は大白熱。そして生徒一人ひとりが得る経験とは…? 妻夫木聡を教師役に起用し、大杉漣、田畑智子ら実力派が脇を固めた本作は、白紙の台本で引き出された子役たちのリアルな感情が胸を打つ。

※写真ともに「 ブタがいた教室」 School Days with a Pig
【日時】 4月17日(土)14時20分〜、18日(日)11時15分〜、
    20日(火)12時〜、21日(水)9時40分〜
【場所】 Famous Players Canada Square

Starring Maja

マジャは演劇部に所属する女子高生。少しぽっちゃりしているけど、女優を目指して情熱的にひたむきに役に取り組んでいる。そんな彼女の前にビデオグラファーのエリカが現れ、マジャは高校最後の年のドキュメンタリーを撮ることに。しかし、そのフィルムに唯一注目してくれた放送局は、マジャの体型と滑稽さにしか興味を持ってくれなくて…。偏見の目で見られ続けてきた女の子の芯の強さを、楽しくスウィートに描いた感動的な1本。

【日時】 4月19日(月)、21日(水) ともに9:45〜
【場所】 Cineplex Odeon Sheppard Centre Cinemas

Lippel's Dream

少年リッペルは少しシャイな11歳。シェフをしているお父さんとの暮らしに満足していたのに、新しいハウスキーパーのヤコブの登場で事態はなんだか思わぬ方向へ。お父さんの留守中に寂しくなったリッペルは、お父さんがくれた「アラビアン・ナイト」を読みだす。するとリッペルは自分の夢の中にいるのに気づき…。夢の中の冒険は彼に何をもたらすのか? 心温まるエキゾチックで不思議な物語。

【日時】 4月17日(土)9:50〜、18日(日)11:30〜、
19日(月)10:00〜、22日(木)12:10〜
【場所】 Famous Players Canada Square


The Indian

クースはもうすぐ8歳。赤ちゃんのころに引き取ってくれたオランダ人の両親ととっても仲良しだ。だけどお母さんが妊娠してることがわかって、血のつながりがない自分の立場にしだいに不安を覚えるように…。そんな時、クースは自分がインカ人の末裔であることを知る。ルーツ探しの旅に出かけたクースが見つけるものとは? 家族とは何かを考えさせられる、養子縁組をテーマにした物語。

【日時】 4月17日(土)9:40〜、18日(日)12:00〜、
19日(月)10:15〜、21日(水)10:00〜
【場所】 Famous Players Canada Square

The Eagle Hunter's Son

モンゴルの西の山際に、伝統的な鷹狩りを続けてきた一家が住んでいる。老いた鷹を野生に帰し新しい鷹を育て、若きバザルバイが父の跡を継ぐ時も近い。しかし、都会に憧れる12歳のバザルバイは乗り気になれず、モンゴルの大地をめぐる旅に出る。密猟者やサーカス、僧侶や狼の群れに出会う中、彼の気持ちに変化が訪れる。世代交代や時代とともに変化するモンゴルの文化を映した本作は、広大な大地の力強さがぎゅっと詰まっている。

【日時】 4月19日(月)12:30〜、21日(水)12:30〜
【場所】 Famous Players Canada Square

Little White Lies

アレクサンダーは学校のアート・コンテストで優勝して、友達のロッテの気を引きたいと思っている男の子。完璧な絵を描こうとして、ふとしたことから貴重な道具を壊してしまったアレクサンダーは思わず小さなウソをつくのだが、それが完全に予想外の事態を招いてしまう!思わず「正直は最良の策」と心を入れ直してしまうような、はちゃめちゃでエキサイティングな1作。

【日時】 4月17日(土)12:25〜、18日(日)9:20〜、20日(火)12:10〜、
21日(水)12:20〜、22日(木)12:20〜
【場所】 Famous Players Canada Square

Winter in Wartime

ナチ占領下の小さなオランダの町に住む14歳のミッチェルは、ナチの言いなりになっている父親に失望している。反対に、抵抗組織に所属するおじへの憧れはつのる一方だ。そして抵抗組織の手伝いがしたいと熱望している彼にチャンスがやってくる。隣人に配達を頼まれた手紙には、秘密の指示が書かれていて…。やがてミッチェルは、ゲームなんかじゃない本当の危険に直面し、戦争を知る。少年のやるせない成長の物語は一見の価値あり。

【日時/場所】
4月17日(土)13:20〜、22日(木)9:40〜 Famous Players Canada Square Cinemas
19日(月)12:20〜 Cineplex Odeon Sheppard Centre Cinema

Information

Sprockets

【日時】 4月17日(土)〜23日(金)
【場所】 Cineplex Odeon Sheppard Centre Cinemas (4861 Yonge St.)
Famous Players Canada Square Cinemas (2190 Yonge St.)
TIFF Box Office (2 Carlton St., W. Mezzanine)

【入場料】 18歳以下$6.60、大人$10.61
【連絡先】 416-968-3456、1-877-968-3456(チケット購入)
【サイト】 www.sprockets.ca

 

Short Film Programme

Around the World

それぞれ異なる国での子どもの生活を描いた4作品がお目見え。『Iker Stubborn Hair』はツンツンの髪の毛のせいでハリネズミみたいだと悩むメキシコの少年の物語。髪が立たないように、あらゆることを試すが…?『Ralph』はアボリジニの少女マデリーンの日々を描いた作品。クラスメイトのガースがうっとうしいけれど、やがて2人はいじめっ子に立ち向かうため友達になる。その他デンマークの『The Bird That Could Tell Fortunes』、カナダの『How People Got Fire』と、一度にあちこちの国の雰囲気が楽しめる。

【日時】 4月19日(月)12:40〜、21日(水)10:10〜
【場所】 Famous Players Canada Square

Canadian Shorts

カナダ人監督の作品のみによるショートフィルム集。『Ormie』は冷蔵庫の上にあるクッキーの瓶を手に入れるためなら何でもするブタのオーミーの愉快な物語。『Molly in Springtime』は2008年のSprocketsで上映された『Leon in Wintertime』の続編パペット・アニメーション。バルササービルの春祭りで、王を倒さんと悪党ボニファシオは町の人たちに毒を盛る! モリーは町の人たちを助け、ボニファシオを止められるか? 想像力豊かな全6作品を楽しめる。

【日時】 4月17日(土)11:30〜、18日(日)13:30〜
【場所】 Famous Players Canada Square

※上映日時、場所は予告なく変更されることがあります。

 

▲PAGE TOP