新世代映画祭

Shinsedai Cinema Festival 2010

映画界の未来を担う監督の
才能溢れる作品が勢ぞろい!

(2010年07月16日特集記事)

昨年、その歴史の幕を華々しく開けた「新世代映画祭」。今年はより充実の内容で第2回が開催される。公開本数、開催日数、さらにその作品セレクトが、日本映画ファンの期待にしっかりと応えてくれそうだ。
世界でも有数の映画大国日本は、今や映画業界の未来をも背負っていると言っても過言ではない。戦後、日本映画の黄金期を築いた黒澤明や溝口健二、その後、映画界に新旋風を巻き起こした大島渚や北野たけしが世界の映画産業に与えた影響は計り知れない。また、ジャパニーズアニメやジャパニーズホラーにおける日本独自の手法や技術も世界中で高く評価されている。そのように常に注目を集める日本映画界の次世代を担うクリエーターにスポットを当てたのが同映画祭だ。
今回の映画祭では、4日間にわたり新旧の秀逸な作品の数々を紹介、長編映画14本、短編映画7本の全21本が上映される。中でも編集部のイチオシは、フェスティバルの開始を告げるオープニング・ナイト・フィルム『カケラ(Kakera:A
Piece of Our Life)』である。昨今、日本映画界では女性監督の活躍が目立つが、同作品の監督も今後が多いに期待される新鋭の安藤モモ子。映画監督であり俳優でもある奥田瑛二を父に、エッセイストの安藤和津を母に持ち、自身も同作で監督デビューを果たした。ボーイフレンドがいる普通の女の子ハルが、どこかミステリアスな女の子リコに次第に惹かれていくガールズラブストーリー。桜沢エリカの漫画を原作に、これまで日本映画ではあまり焦点を当てられることがなかった衝撃的な内容が赤裸々に描かれ話題を呼んでいる。ロンドン、パリ、ストックホルムなどの映画祭で絶賛され、日本国内でも各地で次々に上映が決定。今注目の話題作とあれば、ぜひ抑えておきたい。
そして、もう一本注目なのは、寂れた町で漁師を営む独身男、万蔵の恋の行方を描く『不灯港(The Dark
Harbour)』。舞台俳優の小手伸也が演じる主人公の"クサイ“セリフやしぐさに、海外の劇場でも笑い声が溢れ返ったとか。監督は、これが長編デビュー作となる内藤隆嗣。若手映画監督の登竜門とも言われる映画祭、「ぴあフィルムフェスティバル」自主制作映画部門の受賞者の中から、最も期待されるフィルムメーカー1名にのみ授与される制作援助、PFFスカラシップによって同映画を制作した。過去の授与者には、荻上直子(『かもめ食堂』)、橋口亮輔(『ぐるりのこと』)、矢口史靖(『ハッピーフライト』)などが名を連ね、そのデビューを飾っている。
この他にもドラマやスリラー、ドキュメンタリー、社会派大作、さらに人形劇から生演奏つきのサイレントムービーまで種々の作品が並ぶ。加えて後半の2日間には、「自主映画ルーム」で実験的趣向たっぷりのインディーズフィルム4本が常時上映されるので併せて楽しみたい。
ここで紹介している作品はほんの一部。日本映画界、そして世界の映画界の未来を先駆けて抑えておきたいのなら、今すぐホームページでプログラムをチェック!
才能あるクリエーターによる新しいシネマムーブメントがドッと押し寄せる4日間。気になる作品が見つかったら、このチャンスを逃すことなくその目でしっかりと確かめてほしい。

カケラ Kakera : A Piece of Our Life

※上写真
監督:安藤モモ子
出演:満島ひかり/中村映里子/かたせ梨乃
2009年公開、107分
短編映画『てんとう虫のおとむらい(Ladybirds' Requiem)』同 時上映

不灯港 The Dark Harbour

The Dark Harbour

監督:内藤隆嗣
出演:小手伸也、宮本裕子、ダイアモンド☆ユカイ
2009年公開、101分
短編映画『くらげくん(Jellyfish Boy)』同時上映

人形の名人
Kihachiro Kawamoto: Japan’s Master Puppeteer

Being at home with claude

日本を代表する人形アニメーション作家、川本喜八郎。独自の
様式美と伝統的な人形表現を盛り込んだその作風は、国内外で
高い評価を受けている。『鬼』『旅』『道成寺』『火宅』『不射之
射』『いばら姫またはねむり姫』の短編映画6 本を同時上映。
監督:川本喜八郎
1970 〜 1990 年公開、105 分(トータル)

滝の白糸
The Water Magician

the nakid ballerina

金のために学問を断念した村越欣弥を支援する女水芸人瀧の白糸
は、旅座仲間とのトラブルを発端に、誤って人を殺してしまう…。
泉鏡花の戯曲を巨匠溝口健二がサイレント映画化。今回はトロン
トで活躍するVowls による生演奏が作品を盛上げる。
監督:溝口健二 出演:入江たか子、岡田時彦、見明凡太郎
1933 年公開、110 分

国道20号線
Off Highway 20

the duck wife

かつて暴走族だったヒサシは、同棲するジュンコとパチンコ通
いの毎日。シンナーもやめられないていたらくで、借金だけが嵩
んでいく。「シンナーなんかやめて俺と一緒に飛ばねえか?」と
族時代からの友人で闇金屋の小澤がヒサシに話を持ちかける。
監督:富田克也 出演:伊藤仁、りみ、鷹野毅
2007年公開、77分 ※短編映画『ガンマン大将(Gunman Champion)』同時上映

ロックアウト
Locked Out

amy zuch's key to key

記憶を失い、自身の暴力的な側面に戦慄を覚える広。間違って
他人の車に乗ってしまった6 歳の慶太。そんな2人が偶然出会い、
広は失われた記憶を次第に取り戻し始める。果たして広は自らの
暴力性を抑えることができるのか。そして、失われた記憶とは…。
監督:煖エ康進 出演:園部貴一、島田岳、緒方美穂
2008 年公開、82 分 ※短編映画『ソレダケ(That’s All)』同時上映

ポチの告白
Confessions of a Dog

the gateway

日本の警察犯罪事件の数々をモデルに、実直な警察官タケハチ
こと竹田八生が、いつの間にか犯罪に巻き込まれ、やがて自滅
するまでを描いた社会派エンターテインメント大作。日本社会の
構造の恐怖が明らかとなり、誰もが震撼する衝撃のラスト6 分!
監督:高橋玄 出演:菅田俊、川本淳市、井上晴美
2006 年公開、195 分

NN-891102

the gateway

5歳の時に原爆に遭遇した零一は、偶然防空壕の中でその爆音
を録音。その後、爆音を再現することに心血を注ぎ、音への執
着がだんだんエスカレートしていく。その結果、いつしか零一
の中でその気持ちにゆがみが生じ始め…。
監督:柴田剛 出演:長谷川隆也、西田有祐、角谷悠
2001 年公開、75 分

ユリ子のアロマ
Yuriko’s Aroma

the gateway

ユリ子はアラサーで独身のアロマセラピスト。17 歳の剣道部員、
徹也の汗のにおいにどうしようもなく惹かれてゆく…。しかし、
徹也はオーナーの甥っ子。一方、指名客のアヤメがアロマのレッ
スンをしてほしいと、大きな胸をユリ子に押しつけてくる。
監督:吉田浩太 出演:江口のりこ、染谷将太、原紗央莉
2010 年公開、74 分 ※短編映画『画龍点晴(Finishing Touch)』同時上映

フツーの仕事がしたい
A Normal Life, Please!

the gateway

月400〜500時間にも及ぶ労働、低賃金に悲鳴をあげた37歳 のトラック
運転手、皆倉信和さんが労働組合に加盟し、運送会 社と闘う姿に迫った
ドキュメンタリー。会社からの圧力、過酷な 仕事の実態が明らかになる
現代版「蟹工船」。 監督:土屋トカチ
2008 年公開、70 分 ※短編映画『レムナンツ(Remnants)』同時上映

夢の島
Island of Dreams

the gateway

爆破テロ実行のために山奥で実験を試みるアランと、不可解な
火事を捜査する刑事の寺山。ある日、橋の上で2 人は偶然出会う。
煙草を捨てようとした寺山は、携帯灰皿を差し出すアランに感心、
その後何度か橋の上で会ううちに次第に彼に惹かれていく。
監督:蔦 哲一朗 出演:城戸 廉、片山重滝、蔵岡生郎
2009 年公開、83 分

Information

新世代映画祭
Shinsedai Cinema Festival 2010

[日時]

■ 7月22日(木)
18:00 〜 オープニング・レセプション ※無料
19:00 〜 カケラ(Kakera : A Piece of Our Life)/てんとう虫のおとむらい(Ladybirds’ Requiem)
21:30 〜 川本喜八郎:人形の名人(Kihachiro Kawamoto: Japan’s Master Puppeteer)

■7月23 日(金)
19:00 〜 滝の白糸(The Water Magician)※生演奏付き
21:15 〜 夢の島(Island of Dreams)

■ 7 月24 日(土)
12:00 〜 不灯港(The Dark Harbour)/くらげくん(Jellyfi sh Boy)
14:00 〜 ロックアウト(Locked Out)/ ソレダケ(That’s All)
15:45 〜 国道20 号線(Off Highway 20 )/ガンマン大将(Gunman Champion)
17:45 〜 ポチの告白(Confession of a Dog)
21:45 〜 NN-891102
[自主映画ルーム] 動夢 アニメーション(Dome Animation)12:00、13:15、15:40、17:30、19:20
ディファレント シティーズ(Diff erent Cities)12:55、14:45、16:35、18:25、20:15

■ 7 月25 日(日)
12:00 〜 Our Brief Eternity
14:00 〜 フツーの仕事がしたい(A Normal Life, Please!)/レムナンツ(Remnant)
16:15 〜 赤い点(The Red Spot)/招待(Invitation)
18:00 〜 ライブテープ(Live Tape)
20:00 〜 ユリ子のアロマ(Yuriko’s Aroma)/画龍点晴(Finishing Touch)
[自主映画ルーム] はい!もしもし、大塚薬局ですが(Oh! Otsuka Drugstore)
12:00、14:21、16:42、19:03
河村勇樹 三部作(Yuki Kawamura Trilogy)12:48、15:09、17:30、19:51

【場 所】日系文化会館(6 Garamond Court)
【入場料】シングル$12 ※『滝の白糸(The Water Magician)』のみ$16、
自主映画ルーム$4、5 本パス$50、
デラックスパス$105
【連絡先】416-441-2345 内線)222
【サイト】http://shinsedai-fest.com

※映画祭への入場は18 歳以上の方に限ります。

 

 

 

▲PAGE TOP