Sprockets

Toronto International Film Festival
for Children and Youth

子どもだけでなく大人も観たい!
青少年のための映画祭

(2011年04月01日特集記事)

The Crocodiles
Strike Back

昨年のスプロケッツで『観客賞』を受賞した作品の第2弾! 前作でも大活躍した子ども探偵団、今作品では閉鎖を迫られている町工場の存続をかけて立ち上がる。
工場がなくなれば、両親が仕事を失なうこととなる…家族のために、工場の閉鎖を迫る謎の組織の陰謀を明るみに出せ!
【日時】4月9日(土)12:30〜、10日(日)11:45〜、11日(月)12:30〜、12日(火)9:45〜

Light of the River
川の光

クマネズミの兄弟、タータとチッチはお父さんと一緒に川のほとりに暮らしていた。
しかしある日、工事が始まり彼らの巣は壊されてしまう。一家は新しいすみかを求めて上流を目指して旅立つが、途中、いじわるなドブネズミに邪魔されて…。
【日時】4月10日(日)12:30〜、16日(土)9:45〜

トロント国際映画祭グループが贈る子どものための映画祭『スプロケッツ』は、毎年大人気のイベント。今年も世界28か国から100作品以上のファミリー・青少年向けの映像作品が集められ、一挙に上映される。昨年まではエグリントンの映画館で行なわれていたが、今年からはダウンタウンのTIFF Bell Lightbox に会場を移し、装いも新たに開催。会期も13日間と拡大され、イベント期間中のアクティビティやワークショップ等も満載。子ども達に遊びながら学べる機会を様々な形で提供してくれる。

さて、気になる上映予定の映画だが、出品国はカナダをはじめとして、アメリカ、イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、インド、台湾、中国、韓国、日本…と国際色豊か。英語圏以外の国から出品された全ての作品には英語字幕が付けられる。友達や両親を思う気持ちや子どもならではの純粋な好奇心、そして思春期特有の感情の起伏等を取り上げた作品の数々は、国や言葉は違っても、きっと心通じるものがあるはず。

今年の日本からの出品作は、環境問題を背景にした心温まる長編アニメーション『川の光』と、NHK教育テレビでも放送されている人気のシリーズ「リタとナントカ」から『リタとナントカ がっこうへいく』。どちらも青少年向けの作品として日本国内外で高く評価されているものだ。その他、話題の映像作品が目白押しの『スプロケッツ』。子ども向け映画だからと敬遠したら損をするような優秀作ばかり。家族連れはもちろん、友達同士で誘い合って出掛けよう。

infomation


【日 時】4月5日(火)〜17日(日)
【場 所】TIFF Bell Lightbox(350 King St. W.)
【入場料】一般 $12、学生・シニア $9.50、12歳以下 $8.50、ファミリーパック $75.00
※10枚綴り、大人の使用は4枚まで
【連絡先】 416-599-8433、1-888-599-8433
【サイト】 tiff.net/sprockets
※上映日時は予告なく変更されることがあります。


Circus Dreams

サーカス団「Circus Smirkus」は、12歳から18歳までの若者ばかりで構成されている。若者特有の悩みを抱えながら日々の厳しい訓練を続ける彼ら。そんな彼らに、新たな困難が降りかかった…。
【日時】4月5日(火)12:45〜、14日(木)10:15〜、17日(日)16:15〜

African Cats

ディズニーネイチャーがアフリカのサバンナを舞台に贈る、感動のドキュメンタリー作品。監督は『アース』のアラステア・フォザーギル。サバンナに生きる動物たちの中から、ライオンとチーターの家族に焦点を当て、彼らが織り成す命と絆のドラマを収録。
【日時】4月16日(土)16:00〜

Eggcellent

卵を生産するためのニワトリの飼育場。ところが、一羽のニワトリはいつまでたっても生産量"0"。他のみんなが大量生産するなか1人、重圧を感じていた…。
【日時】4月5日(火)10:15〜・12:30〜、6日(水)10:00〜
*この作品は短編作品プログラム「Future Frames」「Generation Gap」の両方で上映されます。

The Secret Letter

口げんかが絶えない両親に辟易し、親友のところへと身を隠した11歳のエヴァ。ある時彼女は、秘密の手紙を見つける。そこには、彼女の近所に住むある男性が実は盗賊団の黒幕であるという内容が書かれてあった。盗賊団を止められるのは、エヴァとその親友たちのみ。そして彼らが起こした行動とは…。
【日時】4月10日(日)14:00〜、13日(水)12:30〜、15日(金)10:15〜

Severn, the Voice of our Children

92年にリオデジャネイロで行なわれた国際会議で環境破壊に対して各国のリーダーに注意を促した少女がいた。そして時がたった今、その少女は大人になり、お腹には第一子を宿している。ディビッド・スズキの娘セヴァン・カリス=スズキが、親となる今、環境問題と子ども達の未来をもう一度考える。
【日時】4月5日(火)9:45〜、6日(水)9:45〜

Chandani -The Daughter of the Elephant Whisperer

スリランカではマハウトと呼ばれるゾウ使いがいるが、この職業は伝統的に男の仕事として継承されている。そんな中、若い少女チャンダニは父親の跡を継いでゾウ使いになることを心に決める―。伝統やしきたりの中で試行錯誤する少女を捉えたドキュメンタリー。
【日時】4月11日(月)10:00〜、12日(火)12:15〜、16日(土)14:30〜

Short Film Programme


Reel Rascals - Animal Animania!

▲映画『Rita and Whatsit ''Going to School'' リタとナントカ「がっこうへいく」』より

動物との触れ合いをテーマとした短編作品13本のオムニバス。『Rita and Whatsit "Going to School"』は、フランス生まれの絵本を日本の高木淳監督が映像化。おしゃまな5歳の女の子「リタ」と、いたずら好きでちょっと変わった犬の「ナントカ」は、一緒に課外授業に参加することになるのだが…。
【日時】4月9日(土)9:45〜
    16日(土)11:45〜
    17日(日)10:00〜

Generation Gap

▲映画『Junko's Shamisen』より

国を越えて集まったフィルムメーカーによる短編6作品。カナダ人監督による『Junko'sShamisen』は、漫画と歌舞伎にインスパイアされたデザイン、そしてコンピュータ・アニメーションを融合して作られたスタイリッシュな作品。よりよい生活を求めて田舎の村を離れたジュンコは、謎の狐と仲間になり、邪悪な侍に戦いを挑む。
【日時】4月5日(火)12:30〜
    6日(水)10:00〜

▲PAGE TOP