ジャズの季節到来!

トロントとモントリオール、
2つのジャズ祭り

(2011年06月17日特集記事)

Aretha Franklin

「クイーン・オブ・ソウル」の異名を持つアレサ・フランクリンの情熱あふれる歌声は、ブラックミュージックの深い音楽的背景を感じさせる味わいと同時に、都会的な洗練されたセンスを感じさせる。
ライバルが飛行機事故で亡くなって以来、飛行機恐怖症により海外公演を行なっていないという彼女。昨年にはすい臓がんとの闘病も明らかになっている。クイーンの歌声を堪能できるチャンスを逃すな。
【日 時】6 月24 日(金) 20:30 〜
【場 所】Metro Square 内 Toronto Star Stage(221 King St. W.)
【入場料】無料

 
 
 

今年もいよいよジャズフェスティバル・シーズンの到来だ。25周年を迎える我らがトロントのジャズフェスティバルでは、6月24日からの10日間で1500人以上のミュージシャンを迎え、350以上のステージが開催される。1200席のメインステージが設置されフェスティバルの中心となるメトロスクエア(今年4月よりペコースクエアに改名)のほか、市内の主要広場やホール、ライブハウスなどが 会場となり魅惑の演奏を聴かせてくれる。

また、250万人に及ぶ観客動員数を誇るモントリオール国際ジャズフェスティバルは今年で32回目。北米のパリと呼ばれるほど美しい街並みのモントリオールで、30の国と地域から3000人を超すアーティストを迎えるこのフェス。6月24日から7月4日までの期間中、屋内外に特設舞台を設けて650以上ものショーが開催される予定だ。
どちらもアーティストは大物から若手まで、ポップス、ラテン、ブルース、ゴスペル、クラブミュージックなどなど、幅広いジャンルから出演する。無料のステージも数多く開かれるのでそれらを回って、新しい「お気に入り」の開発をするのも楽しそう。

Photos: Courtesy of Toronto Downtown Jazz

 

ところで「ジャズ」と言うと、ちょっと難しそうで、ふらりと聴きに行くのには少し抵抗があるという人もいるのではないだろうか? ジャンルも幅広く、良くわからないという意見もありそう。だが最近ではテレビのCMや映画のBGMにジャズが使われていることも多く、少し耳を傾ければ知っている曲にきっと出会うことがあるはず。それをきっかけに範囲を広げていけば、きっと自分に合ったアーティストやジャンルに巡り合えるだろう。

ジャズの醍醐味の1つに演奏者の個性を主張する「即興演奏」がある。ベーステンポより遅く演奏したり、わざと音を歪ませたりしたあとで、ここぞという瞬間にピッタリと音が重なり合う。英語ではインプロビゼーション、音楽用語を使ってアドリブとも言われ、聞き応えたっぷり。アーティスト同士が交互に即興で演奏しあい、互いのフレーズを真似したり、それに手を加えたりするバトルになると、アーティストの茶目っけやバトルの白熱ぶりが伝わり、自分がどんどん曲に引き込まれていくのがわかる。演奏は生もので、プレイヤーの素の感情のぶつかり合い。だからこそ、音を身体で感じることを大切にしたい。臨場感と生音のよさを体験するにはぴったり、音の波に酔いしれるジャズの祭典に出かけよう!

 
 

Information


Toronto Jazz Festival

【日 時】 6 月24 日(金)〜 7 月3 日(日)
【場 所】トロント市内各所
【入場料】無料〜(イベントにより異なる)
【連絡先】416-928-2033
【サイト】torontojazz.com

Festival International de Jazz de Montre´al

【日 時】6 月25 日(土)〜 7 月4 日(月)
【場 所】モントリオール市内各所
【入場料】無料〜(イベントにより異なる)
【連絡先】514-871-1881、1-888-515-0515
【サイト】www.montrealjazzfest.com

チケット購入方法

オンライン、あるいは各会場ボックスオフィスにて。公演により異なるため、各サイトで確認のうえ、指定された方法で入手すること。

 
 

Nikki Yanofsky

Photo: Courtesy of Toronto Downtown Jazz

モントリオール出身の若き天才シンガー、ニッキー・ヤノフスキー。2010 年バンクーバー冬季オリンピックでの国歌斉唱以来、ますますの国民的人気を誇る。成熟味を持つ豊かな声に時折混じる芯が残った若さが、彼女の歌声の貴重さを感じさせる。
【日 時】 7 月3 日(日) 20:30 〜
【場 所】Metro Square 内 Toronto Star Stage ( 221 King St. W.)
【入場料】$45
【サイト】www.nikkionline.ca

Reggie Watts

Photo: Courtesy of Toronto Downtown Jazz

独特の風貌が目を引くレジー・ワッツのステージは肉声とループマシンのみを使って構成され、予測不可能なドキドキがいっぱい。人を驚かすのが大好きなエンターテイナーで、数々のテレビ番組にコメディアンとして出演する彼の陽気さが炸裂!
【日 時】6 月29 日(水)20:00 〜、22:30 〜
【場 所】Yuk Yuk's(224 Richmond St. W.)
【入場料】$30
【サイト】www.reggiewatts.com

 

Shad

Photo: Courtesy of Toronto Downtown Jazz

オンタリオを中心に活動するヒップホップアーティスト、シャド。心にスルリと入り込む音色に、前向きで成熟したメッセージが込められている。どこかのんびりしたスタイルで歌うソウルフルなサウンドに身をゆだねよう。
【日 時】 7 月1日(金) 17:30 〜
【場 所】Metro Square 内 Outdoor Stage(221 King St. W.)
【入場料】無料
【サイト】www.shadk.com

 

Other Live in Toronto


Youth Jazz Showcase

ウクレレの前田大輔、ギターの清水英之による京都発のインストゥルメンタル・デュオ fulare_pad( フラリーパッド)と、札幌市出身のソロアコースティックギタープレイヤー山木将平によるワークショップ。
【日 時】6 月27 日(月)12:30 〜
【場 所】The Rex Jazz & Blues Bar( 194 Queen St. W.)
【入場料】無料

The Roots / Opening - DJ John Kong

トロントのインディーズレーベル Do Right Musicの創始者でありオーナーでもある DJ ジョン・コングのオープニングアクトと、ヒップホップでは珍しい「生演奏+ラップ」の The Roots のライブステージ。
【日 時】7 月1 日(金)20:30 〜
【場 所】Metro Square 内 Toronto Star Stage( 221 King St. W.)
【入場料】$50
【サイト】www.theroots.com

 
 

Holly Cole

Photo: Courtesy of Festival International de Jazz de Montre´al

硬質な声を持つホリー・コールのクールかつ妖艶なステージは、時折のぞく暖かみで人々の心を捉える。繊細さと透明感がうずを巻き、それがやがて爆発するまでの緊張感と解放感が魅力。新アルバムを引っ提げての登場だ。
【日 時】 6 月30 日(木)18:00 〜
【場 所】Theatre Maisonneuve (260 de Maisonneuve Blvd. W.)
【入場料】$31.88 〜 51.88
【サイト】www.hollycole.com

Diana Krall

Photo: Courtesy of Festival International de Jazz de Montre´al

マニッシュなダイアナ・クラールの大人カッコイイ音楽を味わえる。ハスキーだけど滑らかなボーカルは「絹の声」と絶賛されるほど。もとはピアニストを目指していただけあって、ピアノの腕も確か。気持ちのいいスウィングを楽しもう。
【日 時】6 月26 日(日)〜 28 日(火)18:00 〜
【場 所】Theatre Maisonneuve(260 de Maisonneuve Blvd. W.)
【入場料】$77.50 〜 87.50
【サイト】www.dianakrall.com

Ron Sexsmith

Photo: Courtesy of Festival International de Jazz de Montre´al

セントキャサリンズ生まれ、トロント育ちのロン・セクスミスが作るのは、アコースティック楽器をメインとするナチュラルなサウンドに、優しく味わい深いボーカルの音楽。少し物憂げで、どこかユーモラスな温かい声が心に沁みる。
【日 時】 7 月4 日(月) 19:00 〜
【場 所】Club Soda(1225 Saint-Laurent Blvd.)
【入場料】$36.47
【サイト】www.ronsexsmith.com

 

Other Live in Montreal


Kaki King

「ロックの女神」とも呼ばれるカキ・キング。タッピング奏法と言われる突出したギターテクニックを拝めるチャンス。スピード感のある演奏と落ち着いた雰囲気が訴えかけるステージだ。
【日 時】7 月1 日(金)20:00 〜
【場 所】Cinquieme Salle( 175 Ste. Catherine St. W.)
【入場料】$26.38
【サイト】www.kakiking.com

Jake Shimabukuro

超速弾きと正確無比なテクニックを持つスーパー・ウクレレ・プレーヤー、ジェイク・シマブクロ。型にはまらない作曲・演奏テクニックでジャンルを超えた自由な音楽を披露してくれる。
【日 時】7 月3 日(日)20:00 〜
【場 所】Cinquieme Salle( 175, Ste. Catherine St. W.)
【入場料】$28.38
【サイト】jakeshimabukuro.com

 
 

Other Must-See Live


 

Return to Forever IV

70 年代から活躍を続ける伝説のチック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイトの最強トリオに、新たにジャン・リュック・ポンティとフランク・ギャンバレが加わった豪華布陣の演奏は「必聴」の一言!
【 サイト】return2forever.com

Toronto
【日 時】 6 月28 日(火) 20:00 〜
【場 所】Sony Centre(1 Front St. E.)
【入場料】$35 〜 89

Montreal
【日 時】 6 月26 日(日) 20:00 〜
【場 所】Salle Wilfrid-Pelletier( 260 de Maisonneuve Blvd. W.)
【入場料】$61.88 〜 82.88

 
 
 
▲PAGE TOP