トロント留学バイブル  

皆さんからのクチコミ情報を募集しております。失敗しない留学、安く留学するためのコツ、失敗談・体験談、どしどしお寄せ下さい!

 
3-1 学校紹介

Confidence is the key to success!


 「生徒一人一人が一輪の花。その花を綺麗に咲かせるのが僕の役目なんだ」
 アーティストならではの表現で自らの情熱を語るアシュレー・イングラム氏が開校した、オリジナル英語教育/英語歌唱法を提唱する、日本人向けの学校がAshley Ingram School of Musicだ。本格的な歌唱力を学ぶプロフェッショナル・ボーカルコースや、将来、音楽プロデューサーを目指す人へのミュージック・プロダクションコースの他、その夢を実現させるために必要な英語力を養うためのESLコースも充実している。
 イングラム氏は80年代、英国初の黒人ダンスユニット『Imagination』の一員としてミリオンセラーを記録。プロデューサーとしては英国出身のソウル・シンガー、デズリー(Des'ree)の『ユー・ガッタ・ビー(You Gotta Be)』を手掛け、05年にはマライア・キャリー(Mariah Carey)の『ゲット・ユア・ナンバー(Get Your Number)』をプロデュースしている。

Ashley Ingram School of Music 創立のきっかけは何だったのでしょう?
「日本人プロシンガーの発音を矯正している際に、日本人特有の発音の癖を解明し、彼らに適した矯正方法を見つけ出したんだ。その経験を生かしたいと思ったのがこのスクール創立のきっかけなんだよ」
 実は、イングラム氏はチャラ(Chara)やクリスタル・ケイ(Crystal Kay)など、日本の一流アーティストの曲をプロデュースした経験があり、日本語や日本文化に馴染みが深い。そのため、日本人が英語を学ぶ上で重要なポイントを熟知しているのだ。

日本人に対して効率の良い英語教育法とは?
「トロントに来て、ネイティブスピーカーから英語を教わりたいという気持ちは分かるんだけど…。異なる環境からやってきた生徒に対し、同じ教え方では駄目だよ。典型的なESL学校では、日本から来たばかりの多くの生徒が一週間後に英語に恐怖心を感じ、4週間後には話す事への自信を完全に喪失。その翌週には語学学校を去ってしまうからね。僕の学校では、日本の英語教育や文化を知っているからこそ、発音に重点をおいた教育法と自分に対して自信を持たせることから始めるんだ」
 ユニークな発音矯正方法があると聞きましたが、具体的には何をするのですか?
「例えば、R、V、TH の様に、日本人にとって難しい発音があるよね。音の発し方は正しくても、唇、歯、舌や顎の使い方の違いで相手に通じない場合もある。僕は音楽プロデューサーだから『音』には馴染みがあるし、日本人が話す際の口の使い方もよくわかっている。実際、どんな発音でも60秒以内にすぐ直せるよ」 君が発音しにくい英単語はある? と聞かれ、「Eaton Centre」と答えると、すぐに紙と鉛筆を取り出したイングラム氏は「いー・Tu・ん」とひらがなとアルファベットと交えて、発音の分析をしながら説明してくれた。日本人に適した教授方法のおかげで、紙に書かれた魔法の文字を3回繰り返して発音しただけで、ネイティブの発音として彼からの太鼓判をもらうことが出来た。
 
 では、学生にどのようにして自信を持たせるのですか?
「まずは留学という勇気ある決断したことに対して自信を持ってもらうんだ。ボーカリストを目指している人は、そこで培った自信を音楽に注ぎ込めばいいんだ」自分に自信が無ければ、人前で英語を話すことも堂々と歌を歌うこともできない。日々、自信を持つことを忘れないようにと掲げられた「Confidence is the Key to Success」というスローガンが、この学校とイングラム氏の理念を表している。

これから5〜10年先の目標は?

「これまで生徒数20人程度と、学校の規模を小さく留めてきた。しかし、より多くの生徒からの需要に対応するため、今年の9月までに規模を2倍に拡大するよ。それでも僕は、生徒一人一人のことをよく知っているこの家庭的な雰囲気は保っていきたい。そして発音を教える学校ではカナダで1番と言われる学校にしたいね」。



Music Production(24週)


日本での音楽活動に行き詰まった際に、シンガー仲間から偶然教えてもらったのがこの学校でした。インターネットでの入念なリサーチの結果「俺にはここしかない!」と思い、この学校で学ぶためにトロントへの留学を決意しました。入学してから、本格的でやりがいがあるカリキュラムを元に勉強するうちに、毎日自分自身が成長していくのがわかります。Ashley先生のハイレベルなレッスン内容をはじめ、他では決して学べないことを修得することができ、半年後の自分を見るのが楽しみです。高い意識を持てば必ず価値あるものを吸収できます。将来的に本気で音楽をやりたい方達には絶対オススメです!
 

Professional Vocal(24週)


日本での音楽経験がきっかけで、英語という言語に興味を持ち、「英語でJAZZを歌いたい!」と思ったのがトロントに来た最初の理由でした。現地で出来た友人からこの学校を紹介してもらい、最初の見学で既にAshley先生の人柄を感じ取ることができました。校風はとても自由で、家族のような温かみがあります。何より、Ashley先生の音楽と人間性が素晴らしいのがこの学校の最大の魅力といえるでしょう。Chanceはあなたの中に、そしてこの学校に溢れています。やる気があれば必ず夢をつかむことができます。皆さんも頑張って下さい。
 

体験レッスンあり

主なプログラム(期間)
Language Lab(4週)
Sing & Speak(4週)
Professional Vocal(12週)
Music Production(12週)

ディプロマ
-

サーティフィケート
Ashley Ingram School of Music Certificate of Achievement

アクティビティー
-

クラス最大生徒数
5名

プログラム開始日
月曜

ホームステイ
なし

生徒総数
20名

日本人割合
98%

創立年
2006

 

161 Frederick St., Suite100,
Toronto,ON M5A 4P3

416-360-7777
416-360-7777 (FAX)

www.myaism.com
info@myaism.com

地下鉄King駅より徒歩10分

▲PAGE TOP