トロント留学バイブル  

皆さんからのクチコミ情報を募集しております。失敗しない留学、安く留学するためのコツ、失敗談・体験談、どしどしお寄せ下さい!

 
3-1 学校紹介

厳しいポリシーの中、ESLと7つの専門プログラムで力を伸ばそう


 KGICは、大人から子どもまで幅広い年代を対象としたESLコースだけでなく、キャリアアップを目指す生徒のために、実践的なスキルや知識を習得できる7つの専門プログラムを持つビジネスカレッジを有する大規模校。多くの生徒が通う大規模校だから出来る細分化されたESLも人気だが、今回は、英語中級者から上級者の人気を集める、ビジネスカレッジのITDP(Interpreting and Translation Diploma Program)コースにお邪魔した。
 ITDPは、更なる英語能力アップを目指す人や通訳・翻訳家を目指している人のためのバイリンガル養成プログラムであり、国際的な視野を持つ企業への就職など、英語を使ったキャリアにつながるプログラムを探している人にもぴったりのコースだ。このプログラムでは、週ごとに8つのトピック(医療関連、国際異文化、法律と政治、歴史上人物、ビジネスと経済等)を掲げ、通訳・翻訳のスキルを学ぶだけでなく、インターナショナル・ビジネスのシーンで必要となる高レベルの英語力も同時に習得していく。受講期間は8週間。午前9時から午後3時半までのフルタイムの授業となる。プログラムには、翻訳・通訳の基礎はもちろん、ボキャブラリーを広げるために1日に20単語以上(1週間で100単語以上)の習得、通訳をする際の話し方と発音、翻訳をする際の読みと書きなどと合わせて、ペアプレゼンテーションやゲストスピーカーによる実践がふんだんに盛り込まれている。
 通訳・翻訳の時間には、日→英、英→日の訳を徹底カウンセリング。日本人特有の訳し方や発音の間違い等を含め、個人指導に近い形で日本人講師とネイティブスピーカー講師か ら教授される。授業はもちろん少人数クラス(取材時は6名)で行われるため、教室にはいつも緊張感が漂う。生徒の訳と原文にズレや誤りがある場合はその都度、日本人講師とネイティブスピーカー講師から容赦なく指摘が飛ぶ。常に即訳を要求される状況にあるので、生徒はみんな真剣そのものだ。
 またプレゼンテーションでは、生徒が自ら設定した題材について新聞やインターネット等を使ってリサーチを行なう。プレゼンテーションの準備を行なう段階から既に、問題解決能力などのビジネスに必要な基本的スキルが伸びていく。実践さながらのロールプレイングを行なうことで、日本語をどれだけ的確な英語に訳せるか、それをどれだけ正しい発音で英語のネイティブスピーカーに伝えることが出来るか、そして英語原文の持つニュアンスをどれだけ自然な日本語に置き換えることが出来るかなどを、英語サイド、日本語サイドの両方から学習できる。シミュレーション・トレーニングの一つとも言えるこのエクササイズは、実際に通訳者として英語、日本語を聞き取り第三者に伝えるという、大変高度な語学力を要求するエクササイズだ。
 プログラムにはディクテイションスキルを高める学習も取り入れられている。これは、聞き取りと書き取りを同時に行う、通訳をする際に最も重要視されるスキルである。会話を聞きながら要点を上手くまとめ、意味を変える事なく書き取る技術は、国際的なイベントなどの通訳では必要不可欠だ。
 
 そして、これらのスキルを磨く上で基礎となるのが、語彙力、表現力。このプログラムでは毎週100単語以上の暗記が求められるが、ただ単語を覚えるだけでなく、辞書に掲載されている意味、慣用的に使われている意味、単語の使い方、汎用性の高さなど『生きた言葉』を生徒達は学ぶ。
 ITDPでは日々、小テストが行われ、大量の宿題が出される。受講生からは「宿題が多い、土日も課題に追われる」など、ハードなコースであるという声が聞こえるが、ディプロマを手にした後の達成感は約束されている。このプログラムを受講するために日本からやってくる学生もいるほどの人気コース。通訳・翻訳家を目指す人だけでなく、今はまだESLで英語を学んでいるという人も、留学の修めとして、また、腕試しとして受講するのにも最適なプログラムだ。



Interpreting and Translation Diploma Program(8週)


プレゼンテーション時の表現の仕方もそうですが、難しい文章をどう伝えるかが大変です。なかなか上手く日→英、英→日と訳せなかったり、意図していることが伝わらなかったりしますが、先生からのフィードバックで細かい指導を受けることが出来ます。他の生徒のプレゼンテーションに対しても一人、一つ何か質問をしなければいけないので、授業中は決して気を抜く事が出来ません。トピックスは専門用語、社会時事など、難しいものが多いですが、興味深いです。正直、ハードなコースだと思いますが、沢山の小テストなどで、実力は知らず知らずのうちについていると思います。
 

Interpreting and Translation Diploma Program(8週)


8週間という短期集中のコースだから、やる気も出てくると思います。毎日の宿題はやはり大変ですし、小テストも週1回あります。日本語でさえ理解し難い言葉や一般常識はもちろん、社会時事の学習は大変。宿題もそうですが、プレゼンテーションの準備に休日も費やさなければならない事も何度かありました。中途半端な気持ちで授業に臨むことが出来ないぐらい大変ですが、将来ビジネスシーンで使えるスキルに繋がることや先生方のフォローがあることで、何とか頑張っています。
 

体験レッスンあり

主なプログラム(期間)
ESL(4週~)
TOEIC(4週/8週)
TOEFL(4週/8週)
ITDP(8週)
PMM(8週)
BEDP(12週)
TESOL(12週)
TESOL-Children(12週)

ディプロマ
Business English / ITDP / Power Speaking
TESOL / TESOL-Children

サーティフィケート
ESL / TOEIC / TOEFL

アクティビティー
Yoga Club、Cooking Club、ボートクルーズ、カヌー、CNタワー
Conquest Canada、野球、ホッケー、バスケットボール観戦etc

クラス最大生徒数
12名

プログラム開始日
月曜

ホームステイ
あり

生徒総数
夏500名
冬450名

日本人割合
20%

創立年
1996

 

40 Eglinton Ave E.,
4th Fl.,
Toronto,ON M4P 3A2

416-489-0540
(担当Maki Kajita)
416-489-0393 (FAX)

www.kgic.ca
kgictoronto@kgic.ca

地下鉄Eglinton駅より東へ徒歩3分

▲PAGE TOP