どこまでも続くのどかな風景

Kelowna

ケロウナ

(2011年04月01日記事)

ケロウナとは、先住民の言葉で「ハイイログマ」という意味を持つ。ブリティッシュ・コロンビア州にあるこの街は、バンクーバーやビクトリアなどと比べると日本での知名度は低いかもしれない。
しかし、温暖な気候と壮大なオカナガン湖や果樹園が広がる景観を誇り、カナダ人が住みたい街として非常に人気がある街だ。夏はオカナガン湖での湖水浴やマリンスポーツをする人々で賑わい、秋はフルーツ狩りや紅葉、冬にはスキーなどのウィンタースポーツも楽しめる、まさにレイクリゾート地。
今回は湖と山々に囲まれた、のどかな風景が魅力のケロウナの春の見どころをお届けしたい。

ひと足早い春の訪れ

温暖な気候のケロウナは春の訪れも早い。4月にもなると、地面を覆っていた雪が少しずつ溶け始め、いたるところで瑞々しい新緑が芽吹き始める。公園や家の庭先では色とりどりのチューリップやクロッカスが、そして、果樹園の桃、りんご、サクランボなどの花々が咲き始める。桜に馴染んだ、お花見好きの日本人としては、春が来たんだなぁと、しみじみとしてしまう景色。ハイウェイ沿いのオーチャードや、市内にたくさんあるハイキングコースでお花見はいかがだろう?
また、海のように広がるオカナガン湖にはビーチが数多くあり、天気のよい日には太陽の日差しを求めて日光浴をする人も多く見られる。ここケロウナの空気はカラッとしており日照時間が長い。
カナダのハワイと言われるほどの、まぶしい日差しと気候を存分に楽しみたいものだ。

春のワインフェスティバル

ケロウナはカナダでも屈指のワイン地帯だ。温暖な気候と水はけのよい土壌、そして日中・朝晩の温度の差が大きいことからブドウの栽培に向いているという。
オカナガン湖に面した日当りのよい斜面には、ブドウ畑が果てしなく続き、周辺には大小50以上ものワイナリーが点在する。農薬を一切使わないオーガニック製法のワインは、ブドウ本来のフルーティな味わいと芳醇なアロマが特長。また、アイスワインの生産も行なわれており、海外の品評会でも高い評価を受けている。
そんなケロウナでは毎年、季節ごとにワインフェスティバルが行なわれており、街はたくさんの人々で賑わう。今年の春のワインフェスティバルは4月29日(金)から5月8日(日)まで開催。期間中にはワインの製造工程を見学できるワインツアーを開催するワイナリーも多く、数種類のワインを試飲して気に入ったものを購入することができる。
美味しくて、価格もお手頃なので、荷物に余裕があればまとめ買いもオススメ。レストランを併設しているワイナリーもあり、ケロウナワインを楽しみながら地元の食材を使った食事などを提供している。ナイアガラだけではないカナダのワインの産地、春を求めて是非、足を運んでみたい

〈文/尾登 麻衣子〉

information

● Okanagan Wine Festivals
www.thewinefestivals.com/sp
ringfestival.htm

● Tourism Kelowna
www.tourismkelowna.com


詳細マップは下を参照

 

写真(一番上):www.tourismkelowna.com ©Enviro Foto Inc. J. F. Bergeron - Kelowna's Lake View - TK Only

写真(右上):©Enviro Foto Inc.J. F. Bergeron - Kelowna - Wine Bottles - TK Only

写真(上):www.tourismkelowna.com©Pamela Gilani - Boating Lake Okanagan, Kelowna BC

Kelowna (ケロウナ)

▲PAGE TOP